::Gamix DX::  
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
MADARAO


久々にスノボ。

一日目はドピーカンで最高に気持ち良かった。



二日目は吹雪。
でも面白い!!!!!!!!



あぁ楽しかった。

来シーズンは行きまくろう!!!!!!
スポンサーサイト
2011'03'29(Tue)23:45 [ snowboard ] CM1. TB0 . TOP ▲
Snow snow snow
ひさびさに更新。

雪のなか、暇を持て余して作ってみた。


snow.jpg

snow 2
2011'02'15(Tue)14:14 [ free ] CM0. TB0 . TOP ▲
Handmade Alchol Stove
一瞬だけマイブームだったアルコールストーブ製作。
ブーム再来なり。

記事には載せなかったのだが以前、
加圧式のストーブ製作を空き缶で試みたことがあったのだ。
その時は爆発してしまったのだが。
とりあえず笑って断念。
危ない危ない。

今回ふとその時の事を思い出し、
ちょっと今度は真面目に作ってみよう。と。

で、何だかんだして作ったのがこの二つ。

SA410525.jpg

試作一号(上)製作時間45分 重量 6g
  二号(下)製作時間30分 重量10g

空き缶の底を二つ噛み合わせ、ジェット孔を開けただけの簡単構造。
以前みたいに爆発するのは怖かったので今回は
これでもかと言わんばかりに押し込んだ。
で、めっちゃ小さくなった。
特に一号は燃料があまり入らない。

SA410529.jpg

一号に関してはジェット孔を
外側8穴・内側8穴・燃料注入用1穴、計17箇所に開通。

テスト。

SA410522.jpg

おぉ~。
最初は火が不安定だったが、
プレヒートが完了すると「シュー!!」という音とともに燃焼。

なかなか面白いじゃないか。と。

ただ、中心に開いた燃料注入用の穴からもガスが出て、
内側の8穴からのジェットに引火し、火があまり綺麗でない。
ボルトか何かで締めれば良いのだろうがそんな技術ないので。
それと先ほども申し上げた通り、本体が小さすぎて燃料があまり入らない。

で、再度作ったのが二号。

SA410530.jpg

こいつは外側8穴と燃料注入穴のみで内側には穴を開けず。

またもテスト。

SA410524.jpg

ふむふむ。
本体が大きい分、温められにくく
「プレヒートによる気化⇔燃焼によるプレヒート」のサイクル効率が微妙なところ。
で、燃料注入穴が少し大きかったせいもあり、あまり加圧されず。

燃焼時間・沸騰時間はきっちり測ってないので
今度ちゃんと測ってみよう。

今回ので使えるとしたら、、、、一号かなぁ。

SA410526.jpg



2010'08'08(Sun)11:12 [ handmade ] CM0. TB0 . TOP ▲
Flammulina velutipes
エノキタケの学名なんです。

で、この間

SA410504.jpg

生えてきました。
シャーレから。


面白いでしょ。

それだけです。
2010'07'27(Tue)01:21 [ free ] CM0. TB0 . TOP ▲
Gustavo Dal Farra
最近更新を怠っていたので…久々に書きます。
ここのところハマっている音楽たち。


バルセロナのベーシストです。
ベース一本だけでここまでできるものなのか…!スゴイ


音も映像も良し!気持ちいい!


2:24あたりからの音の作り方がとくに好き。


涼しい雨の日の朝10:30ごろに聴きたいね。


Akira Kosemuraは寝る前によく聴きます、効きます。
すごいきれいな雰囲気。

音楽って本当に面白いなぁと思う。

おさしみなさい。
2010'07'18(Sun)08:17 [ music ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。